FX大衆心理

FXで大衆心理を読めるようになろう!(全公開)

更新日:

FX大衆心理

FXにおいて、大衆心理について勉強したことはありますか?

FXを独学でやっている時は、常に一人で作業をしなければなりません。

この時、相場参加者の動きを読むことが出来るようになれば、かなり取引が楽になります。(^^)

 

大衆心理を得る事のメリット

1・無駄なエントリーが減る。

2・欲張ったトレードをしなくなる。

3・シナリオがしっかりする。

 

 

この記事では、(損切りの定義)や(利確の定義)は含まれていません。

あくまで、大衆心理を知ってもらう過程を重視しています。

 

※読み飛ばしてしまうと、内容がついていけませんのでご了承下さい。。(-_-;)

※画像はPCの方であれば、(CTRL)+(+キー)で拡大できます。

 

大衆の手法を基盤に考える

FX大衆心理

ネットを見ていると、ダブルトップやダブルボトム。三尊。色んな手法がありますよね。

この手法を使っているのは、大衆です!(当たり前ですけど(笑))

なら、大衆心理を相場で使うには、相場の常識手法の中から選ぶべきなのです。( ゚Д゚)

 

そして、大衆が使っている手法は2つに分けられます。

1・テクニック手法。2・テクニカル手法。

 

1・テクニックによって、大衆の常識は異なりますよね?

 

例えば、

・三尊。⇒ロケットのような形が出れば、下にブレイクする。

・ダブルボトム。→ある程度下降が続いたときに、Wの形で切り上げが見えた時に買う。

上記の例は、手法ではなく、テクニックです。

 

2・テクニカル手法にも、大衆の常識はありますよね?

 

例えば、

・トレンドライン→あるラインの規則性に沿った売買。

・水平線→意識されている場所に水平線を引き、チャートが来た時に売買する。

 

これらを思考の基盤として活用することで、一歩引いて相場全体を眺める事が出来ます。

相場では全体を見る事が必要不可欠です。

大衆心理を得る事は、相場の環境認識力も身に付きます。

むしろ、環境認識が出来ていないと、大衆心理は使えません。

 

でも、安心してください。難しくありません。

 

大衆心理を使う上で必要な環境認識は。

 

・トレンドラインなら→上昇トレンドなのか、下降トレンドなのかの違いだけです。(簡単ですね!)

・水平線なら→意識しているラインなのかを直観で探すだけです。(出来ます!)

 

 

トレンドラインと水平線を使おう

それでは、具体的に分析していきます。

FX大衆心理

 

画像は検証ソフトの日足です。※日時は適当で構いません。

ステップ1・トレンドラインを引きましょう。(画像で言うなら、下降。)

ステップ2・意識されている場所に水平線を引きましょう。(引き方のコツは、同じ高さ・低さの反発が揃っているとこです。)

 

最初にこのステップをした方が、やりやすいです。

次にチャートはどのように動くと思いますか?

 

大衆が狙っている場所を見つけよう。

次の画像は、4時間足の画像です。

FX大衆心理

最初の日足を4時間にすると混乱しますが、同じ場所で止まっています。)矢印はシナリオ軌道。

 

まずは、ステップを覚えましょう。

 

ステップ3・トレンドラインの売りを狙っている人がいるはずですね。(ちょうどトレンドラインに当たっている。)

ステップ4・大衆が狙っている場所に別の色で水平線を引きましょう。(ここでは、トレンド売りを狙う、赤色の売りラインになります。)

 

 

(1)の赤ボックスや、トレンドライン付近の赤ボックスについての説明は、次の画像からします。

何故そこで水平線を引いて、買うのか、については次の画像で説明します。

下矢印は、シナリオ軌道です。(トレンドラインから点線の付近で買う事を考えてます。)次をご覧ください。

 

 

チャートを動かしてみます↓

 

チャート結果

 

FX大衆心理

 

先程説明不足だったの説明をしていきます。

 

(1)の赤ボックスや、トレンドライン付近の赤ボックスについての説明。

 

<上の赤ボックスがトレンドライン効いているのに、下のボックスからトレンドラインの効果が無くなる。>

 

大衆ラインのトレンド反発なのか、大衆ラインが何も無い場所での反発なのかの違いです。

(売りラインを引いた赤ラインは、こちらのエントリー視点であり、大衆ラインではないので注意。)

赤矢印があるところが大衆ラインです。

 

これは最初の日足の画像を見れば分かります。

 

FX大衆心理

 

 

チャートを動かした、4時間の画像に戻ります。

FX大衆心理

何故そこで水平線を引いて、買うのか、について説明します。3つの項目で解説。

 

(流れ)

1・薄い赤ボックスに注目です。小さい同じ高さの山がで反発していたため、意識されていると思い、ボックスを作りました。

ここで言うボックスを抜けることは、大衆の常識で言えば、上昇ブレイクです。

これを利用しようと思いました。(^^)/

 

 

2・ボックスとトレンドラインを抜けたら、大衆を裏切ります。先程引いた売りラインで戻されます。

 

 

3・ここがかなり重要です。 買い勢力はどこで諦めるのでしょうか?

この画像の場合、

下降トレンドラインを抜けられず、さらに、反発すると思っていた赤ボックスを下にブレイクされることです。

 

 

大衆目線で言うと⇒ ”ここで買えば、赤ボックスからの戻り売りを受けてしまう” というレッテルを張ります。

こちらの目線で言うと大衆目線が売りエントリーを考えているところで、買いを入れます。(切り上げのところで買うんですよ??)

 

 

何故その後に、下がらないと言えるのでしょうか?

相場のクセとして、トレンドの終了後はレンジになります。

だから、高値を更新していなくても、切り上げで攻めていれば問題ありません。

 

 

まとめ

FX大衆心理

何もないチャートから大衆心理を掴むには

・参加者は何を常識として見ているのだろう。

・参加者はどこで入りたくなるのだろう。

・あなた・もしくは参加者が諦める場所はどこか。(重要)

 

客観的な視点を持つことが必要です。

特に、取引戦意が喪失する場所は狙い目です。

何度も練習している内に、見えてくるようになりますので、試してみて下さい。

 

お疲れ様でした!!

 

 

 

 

-FX大衆心理
-, , , ,

Copyright© fx素人が独学で未来を切り開く ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.