ファンダメンタルズfx

ファンダメンタルズのドル円実践編をfx素人が分かりやすく解説!

更新日:

どうもアルファです(^^)/

苦手なファンダメンタルズ勉強することにしました!

fxに関しても、経済に関しても、ド素人です(笑)

 

やはり今回のような、イレギュラー下げに対応するためには、

ある程度の努力はしないといけないと思いました"(-""-)"

時間も勿体ないですし、勝てるなら、

どんな困難も立ち向かうと決めた以上やらないと!です( ;∀;)

 

分析に時間がかかり、10月10日からしてチマチマ記事を書きすすめ、

やっと完成しました(笑)→時間かかりすぎw

今のアルファの考え方が参考になればうれしいです!!

ファンダメンタルズが苦手な人も、出来るだけ分かりやすく説明してますので、

アルファと一緒に成長しませんか???(笑)

 

10月10日,ファンダメンタルズ ドル円

 

ドル円は112円台前半に下落しました!

「米長期金利上昇」や「米中貿易摩擦」に対する警戒感から「米株」が売られ、前日からドルの大幅安となったことで
、市場ではリスク回避で、「円」を買う動きが強まっています。

ドル下がるね!

 

「米経済」のファンダメンタルズが好調な中での「米株」大幅下落は、

あくまで調整の段階らしいので、「テクニカル」が下げ、「ファンダメンタズ」が上げ

相場は乱れやすいのかな??

 

「日本の株」も3%超下げており、東京時間での株価の下落は不可避と考えられ、

リスク回避の円買いが一段と強まっているそう!

 

「10月の114円台の高値が急に落ちた原因」

10月1日には114円台に到達、好景気かと思いました!!

かなり上昇しましたよね?

 

さらに、10月4日には114.54円の高値を付けました!( ゚Д゚)

 

その後は「高値警戒感」と「日米株の反落」により

114円台を維持できずに土曜日へ。

 

週明け月曜日は、3連休明けの「中国市場」で

「中国の株」が大幅に下がって、→「ドル高・元安」となります( ..)φメモメモ

 

「イタリア問題」「英国のEU離脱問題」等への心配で、

「ユーロ」や「ポンド」が下落したために、リスク回避を先行する展開となり、

ドル円は10月9日に安値(112.82円)まで急落しました。( ゚Д゚)!

 

※ドル円ってイタリアとかイギリス関係あるの???よく分かりません( ;∀;)

アルファの推測では、

「ユーロ」や「ポンド」のクロス円なら、円買いが強まったことで、ドル円が下がったと解釈してます(-_-;)

「ドル安・円高」の状態に。。。。

 

 

その後は下げまくり、

 

(113.39円)まで戻すも(113.50円)にはとどかず、

10月9日の夜には113円台を割り、再び112円台へ。

( ..)φメモメモ

 

まとめると、

「米国株高」や「円安」によるまぁ、ドル円上がるだろう」という不安定な上昇だったために、

高値圏での警戒感も強まったのが、急落の原因とも言えます。

 

ファンダメンタルズ ドル円チャート分析(10月12日)

「米長期金利上昇」は「日米長期金利差拡大」によりドル円にとってはプラスだが、

それ以外の投資家の間でリスク回避の円高感が勝れば、ドル円の上昇を支え切れない。

10月12日朝6時です!

大幅安からの買い反転は、先週の金曜日、今週になって月曜日と続いてきた同じ展開。

見やすいため1時間足画像を用意しました!

 

「ファンダメンタルズ」では、とても安いところを買っていける状況にないみたいです!

でも、下げ途中で何度も抵抗しているのが見えますか??

 

それだけ「押し目買い」を狙っている人が、多く、「ドル円の売り勢力」を困惑させている状態です。

 

アルファとしては、

ついに111円台に割り込んだので、ショートしたい所でしたが、

リスク回避傾向だからと言って、ドル円の111円台をショートするのは危険と判断しました。

 

この展開って8月にもありましたね!→アルファが為替で死んだとき(*_*)

今は(112円)と(113円)の間でごちゃごちゃしそうです。"(-""-)"

今は、「ファンダメンタルズ」と「テクニカル」で暴れる→一般的に「騙し」と言われる状況が多く発生するのでは??と予想してます。

 

トランプによる過激な発言

10月9日は、トランプが「米中貿易戦争問題」に関して、

「中国はまだ、対米貿易協議に合意する準備ができておらず、過去数回の協議はキャンセルされた」と発言。

 

トランプは、中国に多額の「関税」を次々にかけて、中国製品への「関税強化」を実施していました。

最終的には、中国からの年間輸入額すべてが関税引き上げ対象に!!( ゚Д゚)それは怒るでw

 

今のところは新たな拡大には至っておらず、新たな進展がみられるまでは様子見となっているそうです。

また

トランプ米大統領は「中央銀行は利上げを急ぐべきではない」と「米連銀」の利上げを再批判しています!

ドル円下げすぎや!トランプ( ゚Д゚)!

 

ファンダメンタルズ ドル円実践チャート説明

10月のファンダメンタルズ要因を元に、テクニカル分析と照らし合わせます。

4時間足の画像です!

※青ライン沢山ありますが、真ん中の太い線です。

 

テクニカル ドル円分析↓

・青ライン(113.39)を超えないうちは下がることに警戒。

・青ライン(113.39)を超える場合は、(113.50)から(113.70)にかけての上昇を想定するも、

 戻り売り「赤ライン」につかまりやすい。

・青ライン(113.39)を超えた後に、112円台になる場合は下げ再開警戒。

・四角の中で、暴れてるため、この中では絶対取引しない。

 

ファンダメンタルズ ドル円分析↓

・米国の長期金利が3.2%台に急上昇(意味分からん)、市場は売りに 。(売られやすい)

・アメリカの国債が売られて、金利が上がり、経済が後退傾向にある。(ドル安判断材料)

・「ユーロ」や「ポンド」の推測が正しければ、「円買いが強い傾向」になっている。

 

今後のfx独学によるファンダメンタルズ取引について

 

来月11月からは、アメリカの中間選挙があって、

トランプ大統領が支持する人たちもいるので、当選したら下がるのかな??(笑)

何故あんなに支持されるのかというと、「公約に忠実」だからだそう!

 

言ったことを実現するのは、なかなか今の政治家にはいないから、

変革を求めてる人が多いとも捉えられますね!!!

前回は爆上げだったみたいですが、、、

 

アルファは中間選挙は絶対に参加しません!!誓います!(笑)

 

今のところ10月13日現在では、ドル円が回復してきてますね!

でも油断してると、資金を減らしかねないので、

エントリーはほとんどしないかもしれません(-_-;)

 

まずは、アメリカと中国の貿易問題が鎮まらないか心配ですね!

トランプの批判発言にも注意しながら、テクニカルと織り交ぜて、予想していこうかなと思っています(笑)

 

今回の記事は参考になりましたか??!(^^)!

まだまだ勉強中なので、説明不足なところもありましたが、

読んで下さりありがとうございました!!!

 

-ファンダメンタルズfx
-

Copyright© fx素人が独学で未来を切り開く ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.