初心者リアルトレード

FX兼業トレーダーから始めるのはかなり遠回り。

更新日:

 

fx兼業 専業

兼業でも稼げるようになるスタイルを知りたい。

 

しかし、仕事をしながらFXを副業でやるのには段階が必要だと思います。

何故なら時間がかかり、加えて上達しにくく、ストレスがかかりやすい=兼業だからです。

そこで、一度仕事を辞めて、専業トレーダーになってみるというのもアリだと思います。

 

会社を辞めて短期集中で全力でやり、ロジックを完成させてから正社員に勤める。

これが一番効率が良かったです。

兼業でやろうと思えば、

深夜に起きて勉強する。⇒夜だと、疲れと、ブルーライトで睡眠の質が落ちるのでお勧めしない。

スイングスタイルの練習をする。デメリットは、会社終わりに反省するとキチンと反省出来ないこと。
翌朝に復習する。一時間や30分でもいい。

という結果になり、体や精神が悲鳴を上げるのも時間の問題。

実際に悲鳴を上げました(*_*)。。

だから、一度専業になることを勧めています( `ー´)ノ

 

 

兼業トレーダーになれば、ポジ病がなくなるのは半分ウソ

fx兼業 専業

トレードにおいて、仕事をしていれば「無駄なポジションは持たない」と言っている方は多いです。

それなのに、何故「ポジポジ病」という言葉が無くならないのでしょうか。

【無駄にポジるも何も、気になるだろ】( ;∀;)

 

家に帰って、ストレスが溜まっていたら、日中にポジらなくても、夜にポジってしまうだろう。

そこで、「ポジポジ病」が治らない原因を書きました。

 

1・自己分析⇒手法が出来ていても、自分の思考と合っていないとルールを破ってしまう原因に。

2.ポジらないようにするというより、己を知れば良い。

1と2は同じ事を言ってます。

 

例えば、自分はどんな時にイライラするのか分析する。

仕事だったら、相手がトロトロしていたらムカつくとか、チャートなんて常にトロトロしているから動かない日なんて

皆さん、【クソ相場】って呟やいてますよね。

 

この場合、値動きが遅いことが要因。

その為、値動きが早いスキャルピング向きという訳ではないのでご注意を。

 

値動きが遅いから、早いければ良いのかという訳ではないって事です。

どちらにせよ、ストレスが溜まるトレードに変わりありません。

それくらいなら、取引回数を減らせるスイングの方が吉です。

 

今の例を参考にするとしたら、

・値動きが遅い⇒アラートがなるまでチャートを開かなければ良い。

・気になる→手法が性格基準ではなく相場基準にしているから、手法を性格基準に修正する。

・イライラする⇒何で相場が動くのか検証していない為、ニュースに振り回されている。

 

これ全て自分の性格に手法を合わせていない事が原因です。

 

専業の間に日中のリアル値動きを観察し尽くす

fx兼業 専業

全く見ない状態でのトレードは気楽で良いですが、見えない分、自信のなさからルールを破ってしまいかね無いので、
専業の間にリアルチャートを観察しまくっておいて、兼業に行った方が効率が良いです。

 

理由は、兼業でやると給料の安心感から、ロット数を大きくしてしまったり、チャンスを逃してしまったことに大きく落胆してしまったり、
また、上手くいかない時にイライラしたりと、こんな状態ではとても上手くならないです。

 

専業でしっかり悩む所、不安な所を見つけだし、統計をとって副業としてやった方が

「今ポジるべきなのか」、「そうでないのか」はっきりしているので、乗り遅れても焦らないですし、

損切りにあっても、その出来事は10回中1回の確立である。という

自分が分かる範囲の統計を取っていれば、納得できますよね。

専業で基礎を作れば、再度ポジらなくてもよくなりますし、ドテンもしないようになります。

 

専業は基礎作り。兼業は応用作り。

fx兼業 専業

専業で基礎をつくる兼業で応用を効かす。
はっきり言って、兼業しながらfxなんて難易度高すぎです。

 

見なくてトレードするのはそれなりの統計と検証を重ねないと無理です。
1日2時間程度でやれば、毎日やっても4~5年かかりますよ。

短期間集中で一機に追い込んだ方が吉です。

 

仕事をしながらfxを考える事なんてせいぜいお金の事くらいです。
重要なのは、お金ではなく、ロジック構成です。
ロジック構成と柔軟な思考力が鍛えられていれば、お金なんて後から増えると思うのです。

 

仕事辞められないなら仕方ありません。

でも、二つの世界に足を突っ込んで成功する程fxは甘くないですよね。。

ここで、負ける人が9割なのは、決意の弱さ。です。

勝つためには、勝つ為の環境と努力が要ります。

正社員と同じくらいfxをやっていたら体がもちません。
だから、早めに決断してfxで本気で稼ぎたいのなら辞めて挑むべきです。
体力があるうちに。

 

専業で短所に合わせた手法を作る

 

なあなあ状態で続けていても、一向に光は見えなく暗いトンネルで迷い続けます。。
やるなら、自分を分析し尽くすべきです。

性格分析は簡単なようでそうではありません。
短所は人間沢山もっていますからね。

 

その短所を一つに絞りましょう。
短気が短所であれば、短気に対応した手法を作りましょう。

もし、短気に合わせていない手法であれば、

これからも相場に振り回され、イライラし、簡単にルールを破ってしまうでしょう。

 

日本のお茶の作法で例えてみましょう。

お茶の作法でも、「早く飲みたい」では欲丸出しです。
まず、がどのようなものか確かめますよね。

fx兼業 専業

そうして、まず器の歴史。造り。を知り、それを知った自分はどのように感じ、行動しようとしたのか。

客観視できるようになれば、味はより一層美味しく感じられるものです。

一方、作法を知らない人達は、「こんなものか」、「美味しかった」のみの体験で、その奥行きまでには行けません
一度学ぶだけでもこれだけの差があるのなら、考え方としてfxでも活用できるのではないかと思います。

欲を丸出しにしては、見えてこないものがある事を教えてくれてます。

だから、FXで欲を出さない手法にする為、手法を性格に合わせる必要があるのです。

 

専業の内は、0.01ロットでひたすら観察し続けます。

専業だから、、お金を稼ぐ思考になっては駄目ということです

それよりも、低ロットで日中のチャートの動きを働くまでに分析し切ってください。

上手くいけば、兼業になった時に不安も憤りもなく、FXが出来ます。(^^

 

無理に仕事を辞めろとは言いませんが、欲張っていると、機会を逃してしまうかもしれません。
仕事を辞め、あなたが自分と向き合う時間を半年くらい作っても、社会は何の問題もなく回り続けます。

なんか虚しい世の中ですね。。。

 

まとめ

fx兼業 専業

専業でやる方も兼業でやる方もメリットはありますが、両方合体してやろうと考える人は少ないと思います。
僕が考える中では、一年間ニートをやったからといって、社会で出遅れません。
もし、出遅れると感じるのであれば、もともと社会人で働く実力自体ついていないのだと思ってます。
自分を信じ、一度しかない人生を挑戦してみてはどうでしょうか。

-初心者リアルトレード
-, , ,

Copyright© fx素人が独学で未来を切り開く ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.